真夏の紀州釣り | 奈屋浦の海中はアイゴだらけ

紀州釣り

今日の釣果情報!
友人から新着情報が入ってきました。

場所は三重県度会郡南伊勢町の奈屋浦漁港です。

台風10号接近で波があるかと思えば・・・
全く穏やかな状態で釣りやすかったとのことです。

考えてみると・・・
奈屋浦漁港は五ケ所湾の湾奥にあるので、
荒天にも強いのかもしれません。

奈屋浦漁港突堤

突堤には朝早くから釣り人が・・・
ほとんどがアオリイカ狙いです。

独りだけチヌ狙いの紀州釣り(笑)

夜明けとともに開始

夜明けとともに団子投下!

紀州釣りは一人だけなので、
寄ってきたチヌは全部自分のものやん!!

遠矢ウキ

最近流行りの遠矢ウキ
メモリが細かく印され小さな当たりも逃さないので、
食いが渋い時の押さえるようなチヌ当たりもバシッと合わせられます。

遠矢ウキの視認性

っで、今日の釣果は?

団子を投げるとボラの集団に襲われ、
団子が割れたら割れたで秒でエサ取りの猛攻に合うそうです。

団子投げてるのは1人なので、ぜーんぶ自分のもの😅

アイゴ

エサ取りの正体はアイゴ。

それも30㎝以上のアイゴで、
筋肉質な引きを楽しませてくれるのですが、
毒針があるので針を外すのが手間で、
こればかり掛かってくると気が萎えてくる。

エサ取り対策のサナギもコーンも
関係なくアイゴの餌食になる。

おそらく海中にはアイゴが団子状態でいると・・・

ということで昼前に納竿。
しばらくはこんな状態が続くのでしょうね。

【追記】2020.1.8(水)
奈屋浦漁港は
一部釣り禁止になったそうです。
https://tsu-milknet.link/archives/2152

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です