スイフトスポーツZC33S | ATシフトブーツの外し方と交換方法

スイフトスポーツATシフトブーツ交換

津ミルクネットの向江です。
スイフトスポーツ(AT車)のシフトブーツを交換してみました。
型式はZC33Sです。

ちなみに装着車は私のスイスポ(笑)

シフト周りのコンソールを外す

初めにシフト周りのコンソールを外します。

コンソール先端にリムーバーを入れる

コンソール先端の内側に
唯一リムーバーを入れる隙間を発見!

リムーバーを刺し込み
やや強引にクイッと捻ると
バキッと「割れた?」と思わせる音とともに外れます。

もう片側も同様に外します。

残りのツメを外す

あとは隙間に沿ってリムーバーを刺し込み
後部に向かってバキバキ外していきます。

コンソールを外す

コンソールを外す際は
シフトポジションをNにすると作業が楽です。

シフトパネルを外す

次にシフトパネルを外します。
シフトパネルは左右4カ所で固定されています。

シフトパネル固定ピン

拡大図です。
画像のようにマイナスドライバーを刺し込み、
留め枠を広げシフトパネルを浮かせます。

アタッチメントを下ろす

シフトパネルが外れたら、
画像のように捲し上げ、
シフトノブ下に付いているアタッチメントを下ろします。

アタッチメントを下ろす

拡大図です。
左右の赤点の部分を押しながら
アタッチメントを下ろします。

アタッチメントを下ろした図

アタッチメントを下ろした画像です。

シフトノブを外す

次にシフトノブを固定している
留めを外します。

シフトノブを外す

拡大図です。
左右の留め枠を広げながら
シフトノブを上に引き抜きます。

マイナスドライバーよりも
画像のような細いものが作業しやすいと思います。

同時に左右を広げながらなので少しコツがいるかも?
誰か手伝ってくれる人がいると助かりますね。

外れたシフトノブ

シフトノブとシフトパネルを分けます。

シフトブーツをひっくり返す

シフトブーツをひっくり返し、
シフトブーツに付いているアタッチメントを固定しているタイラップを切ります。

外す際の注意点

注意

タイラップを切る際にヘッド部が収まる位置(赤丸)と
新しいシフトブーツを取付ける際のブーツの位置(赤線)を覚えておいてください。

針金を再利用

シフトブーツをシフトパネルから外します。

針金を外す

外したシフトブーツ底部に入っている
針金の枠を取り出し再利用します。

新しいシフトブーツに装着

外した針金枠を
交換する新しいシフトブーツに装着します。

革対応のゼリー状の瞬間接着剤を使用しました。
面倒くさそうに感じるかもしれませんが、
そんなに時間も要せず簡単です。

アタッチメントを取付ける

純正シフトブーツから外した
アタッチメントをタイラップで固定します。

この時に位置(赤線)を間違うと、
寸足らずになる可能性があるので注意して下さい。
失敗したら何度でもやり直せるけど・・・

シフトパネルに固定

シフトブーツを
シフトパネルに固定(赤丸の3カ所)します。

前部はやや右に

シフトブーツ前部のツメはセンターではなく、
やや右にずれているので注意して下さい。

ステッチのセンターを無理に入れるとツメが折れてしまいます。

シフトパネルを固定

外した逆手順で
シフトパネルを取付けます。

完成です

シフトノブと
コンソールを元に戻せば完成です。

作業時間は
シフトブーツに針金枠を入れる加工時間を除けば、
20~30分ほどと見た目よりも容易に取付けられます。

スイフトスポーツ以外のグレードへの取付も可能ですが、
シフトノブ横のSモードボタンの配線を外す必要があるため、
断線しないように注意が必要です。
作業に自信のない方にはおすすめできません。

スズキ スイフトスポーツ(ZC33S)AT用 本革シフトブーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA