Z34のヘッドライト | 黄ばみをウレタンクリア塗装で除去

Z34ヘッドライト黄ばみとり

気になっていた
フェアレディZ34のヘッドライトの黄ばみ除去に挑戦しました。

それも夜8時を超えてから・・・

Z34はヘッドライトの形状から
紫外線を浴びやすく黄ばみ、ひび割れ、気泡が入るなどの劣化がひどい個体が多いように思います。

作業の手順はYouTubeを参考にしました。

1.ペーパー作業

600番の耐水ペーパーで、
削り汁が黄色から白になるまで徹底的に磨きます。

ペーパー作業は粗い番手から細かい番手に順を追って掛けるイメージがありますが、ある筋からの情報でウレタンクリアを使うなら600番だけでいいと聞きました。

ペーパーを掛けたヘッドライトは、
真っ白で本当にクリアになるのか不安でしたが・・・

マスキング作業

2.マスキング

ヘッドライトを乾かし、
脱脂してからマスキングをします。

ウレタン塗料がボディやフロントガラスに付かないように広範囲にマスキングしました。

99工房ウレタンクリアー

99工房

今回使用したのは
99工房のウレタンクリアーです。

2液性の塗料の1回使い切りタイプなので、
作業開始後は後戻りはできません。

1回目の塗装

1回目塗装

1回目ですでに
クリア度が一気に増しました。
もしかしたら素質があるのかも?(笑)

2回目ウレタン塗装

2回目塗装

1回目の塗装後、
約10分乾燥させてから2回目の塗装です。

1回目同様に全体に塗装するのですが、
くすみの残っているところを
やや多めに塗装するイメージで。

3回目

3回目塗装

もはや2回目との差を感じない?
それくらいクリアになりました。

この時には黄ばみがあった事を忘れるほどで・・・

4回目

4回目塗装

4回くらいは上塗りした方がいいのかな?
という義務感での塗装です(笑)

見事に蘇りました。
今までヘッドライトクリーナーでゴシゴシ磨いていたのは、
何だったんだろう?というくらいキレイです。

ヘッドライト点灯チェック

点灯チェック

今までの黄色がかった光が、
HID特有の青白さを取り戻しました。

作業時間は2時間ほどです。
※午後8時~10時まで。

約12時間ほどで乾燥し完全に硬化するというので、
そのままにして眠ることに・・・

最終チェック

最終チェック

塗装後12時間経過したので、
外に出して最終チェックです。

細かいひび割れや気泡は消えませんが、
黄ばみは完全になくなりました。

ヘッドライトの黄ばみでお悩みの方は
ぜひ、挑戦してみて下さい。
※当店では致しかねます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です