日産ノート | サイドブレーキグリップカバー取付けの際のコツ

グリップカバーの穴が大きい

津ミルクネットの向江です。

日産ノート用サイドブレーキ
グリップカバーを取付ける際のコツを紹介します。

取付け方によっては、
ブレーキのボタン穴が大きく感じてしまうかもしれません。

グリップカバーを引っくり返す

取付ける際は、
一度グリップカバーをひっくり返し、
レバー先端のボタン穴の位置を合わせ、
元に戻すようにします。

ここが大事!

上に意識すると上手くいかない

この時に画像のように
上に向けた状態で元に戻すと
穴が上に引っ張られ穴が大きく見えてしまいます。

下に向けて取付ける

どちらかというと下に向け、
穴が下に引っ張られるイメージで取付けると上手くいきます。

取付例

一番上の画像と同じものを使用しておりますが、
穴の隙間が均等になり、キレイに取付けられました。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

型式はE12系全てに対応します。
DBA-NE12/DAA-SNE12/DBA-E12/DBA-E12改/DAA-HE12
※ノートe-POWERも取付け可能です。

日産ノート(E12系) 本革サイドブレーキグリップカバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です