涼しい作務衣の生地 | 綿とポリエステルどっち?

ポリエステル作務衣

津ミルクネットの向江です。
梅雨が明け本格的な夏突入ですね。

お客様よりこんな質問を頂戴しました。

生地について質問です。
作務衣を作業着代わりにしているのですが、
綿とポリエステルではどちらが涼しいのでしょうか?

ポリエステル100%

ポリエステルです。

綿や麻は天然素材で
なんとなく通気性の良さを感じるのですが、
ポリエステルの方が断然涼しいです。

ポリエステルの説明

日本テレビの人気番組
世界一受けたい授業(7月20日放映)でも取り上げられていました。

こんな出題でした。
熱中症対策に効果が高いのは
綿とポリエステルのどちらでしょう?

答えはポリエステルです。
多くの出演者が綿と答えていましたが・・・

綿は吸湿性が高いのが利点ですが、
吸湿した汗が蒸発しにくく熱が逃げない反面、
ポリエステルは吸湿だけでなく発散もいいので、
乾きやすく熱を逃がしてくれるというのです。

私の体験談ですが・・・

魚釣りが好きで真夏の炎天下で釣りする時もあるのですが、
綿生地のTシャツは汗でビショビショで蒸し暑さを感じるのですが、
ポリエステル地のTシャツだとサラリと涼しさを感じたりします。

はだけ防止ボタン付き作務衣

素肌に作務衣を着る?

よく素肌に作務衣を着てもいいかな?
と聞かれますが・・・

ポリエステル作務衣なら
素肌に着ても大丈夫。

先ほども紹介した通り、
吸湿発散性がいいというのもありますが、
綿生地と違い色褪せしにくいので、
汗(塩分)による影響を受けにくいからです。

また、当店のポリエステル100%作務衣は
はだけ防止ボタンが付いているで
胸のはだけが気になる方も安心です。

スポーツウェアでもそうですが、
最近はポリエステルが主流になりつつあります。

ポリエステル作務衣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です