ルノートゥインゴ | サイドブレーキ革巻きグリップ

ルノートゥインゴGT本革巻きグリップ

津ミルクネットの向江です。
ルノートゥインゴGTのオーナー様より
サイドブレーキグリップカバーのオーダーを頂きました。

当店で販売しているタイプと異なり、
本革巻きでオレンジのクロスステッチを希望。

とりあえず試作品を作り
実車パーツに取り付けてみました。

取付け方を紹介します。

両面テープで仮止め

初めに位置決めをします。
センターがずれないように両面テープで革を固定します。

糸を革に通す

次に画像のように
糸を通します。

糸を通す穴は予め開けてあります。

2回糸を通す

通した糸を
再度同じ穴に通します。

クロスステッチ

靴ひもを結ぶ要領で
クロスステッチを縫い上げます。

サイドブレーキのセンターがずれないように
左右の引っ張り加減を調整しながら縫います。

今回は下から縫いましたが、
ステッチの向きを下にしたい場合は上から縫います。

本結び

一番上まで塗ったら、
画像のように本結びで留めます。

結び目から出た糸は
レザーの下に隠して下さい。

完成


完成です\(^o^)/
思いのほか純正っぽくていいかも?
後付け感がありません。

横から見たサイドブレーキ

横から見るとこんな感じ。
段差が出ないように薄めのソフトレザーを使用したのがよかったのかも?

オーナー様に気に入って頂けるといいけど・・・

というわけで、
今日はトゥインゴ用に作った革巻きグリップカバーの紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です