RX7(FD3S) | ネジ穴をアルミテープで補修補強

RX7 FD3S用本革シフトブーツ

津ミルクネットの向江です。
マツダRX-7(FD3S)のオーナー様より
本革シフトブーツの注文と共に質問を頂きました。

【質問】
シフトブーツの装着は簡単でしょうか?
またそちらで取付けてもらうことは可能ですか?

取付け方

【答え】
取付けそのものは
コンソールを外しそのまま戻すだけなので、
簡単な部類に入ると思います。
取付けは当店では致しかねます。

ネジ穴が割れている

RX7(FD)は一番新しいものでも
製造から17年が経過していて、
各種パーツ類の劣化が考えられます。

シフトブーツの取付は
センターコンソール裏面4ヶ所にねじ止めするのですが、
このネジ穴が劣化していて、
当店保有の実車パーツでも画像のように割れていました。

アルミテープで補強

こんな時に便利なのが
熱や経年劣化に強いアルミテープ。

瞬間接着剤で固定

割れているところを
瞬間接着剤で補修してから
アルミテープをぐるぐる巻きます。

ひび割れ

残りの3ヶ所もよく見ると
全てヒビが入っていたので、
補強を兼ねてアルミテープを巻きました。

ネジが締まる

とりあえずこれでOK!
割れていたネジ穴もしっかり締まります。
くれぐれも作業は優しく・・・

RX7(FD3S)用シフトブーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です