新型 日産リーフを試乗 | 未来の車のカタチに感動

新型 日産リーフ

津ミルクネットの向江です。
昨日は新型日産リーフを試乗しました。

人生初めての電気自動車にワクワク!
正直、電気自動車には全く興味がなかったのですが、
「乗ったら、感動に変わるよ!」と言われ・・・

日産リーフのスイッチオン

席に着きセンターコンソールにある
スタートボタンを押しエンジンに火を・・・

じゃなくて、スイッチオン!
シ~ン・・・当然ながらエンジンがないので無音です。

ガソリン車しか乗ったことがない私には不思議な感覚。
自動車というより電化製品ですよね。

Dレンジに入れる

シフトは右にスライドし後に下げるとDレンジ、
前に上げるとRレンジです。

プリウスにもいえることですが、
今までのAT車に慣れた高齢者は運転ミスするかも?

メーター周り

メーター周りはこんな感じで、
タコメーターも水温計もない・・・(^-^;

うろ覚えですが、
走り出すとエコを意識させるパワーメーターが表示されていたような?

サイドブレーキ

サイドブレーキを解除し発進!

走り出した瞬間に「おっ!」と・・・
なんなんだろうこの感覚?空中に浮いてるような走り出しです。

アクセルをグイっと踏みこむと
蹴飛ばされたような加速Gに襲われる。

感覚的には4000㏄クラスの大排気量車クラス?

それこそアクセル全開に踏み込むとヤバい!

無関心だった嫁さんも、
「これぞ未来の車のカタチだね。」と感動していました。
未来じゃなくて現代ですけど・・・

電気自動車に無関心だった私でも、
日産リーフを欲しくなりました。

問題は充電の煩わしさですね。
ノートe-POWERが売れている理由もそこなんだろうなぁ~

フィアット500も次期モデルは電気自動車になるというので、
ガソリンモデルと両方持つのもお洒落かも?
あくまでも理想ですけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です