新型アトレーRS(S710V) | ステアリング交換しました(ガングリップ仕様)

アトレーRS純正ステアリング

津ミルクネットの向江です。

先週納車された新型アトレーの
ステアリングを交換しました。

純正ステアリングは
ふにゅふにゃのウレタン製で
頼りなく安っぽくて・・・

ということで、
交換手順を簡単に説明します。

バッテリー端子を外す

初めにバッテリーの
マイナス端子を外します。

エアバッグの爆発?暴発?
誤動作を防ぐために必ず外して下さい。

ピンを外す

ステアリグの裏カバーの
3か所の穴にマイナスドライバーを挿し
エアバッグを固定しているピンを外す。

針金のピンを押し込むと
エアバッグがポンと浮きます。

エアバッグが外れる

思いのほか簡単に外れます。

コネクタを外す

次にエアバッグのコネクタ(赤丸)と
ホーンの端子(青丸)を外す。

エアバッグのコネクタは
黄色の留めピンをマイナスドライバーで
浮かしてから引き抜きます。

スイッチ類を外す

純正ステアリングに付いている
左右のスイッチ類と下の三角の枠を外す。

真っすぐ引き抜きます。

ピンの位置

念のためスイッチ部分の画像を・・・
2本のピンがずぼっと刺さっているだけなので、
グイグイと揺らしながら引っこ抜いて下さい。

コネクタを外す

ステアリングコラム側に
付いているコネクタを外す。

19mmのレンチ

ステアリングを外す。
19㎜のレンチを用意します。

ハンドルロックを掛け、
グッと力を入れると・・・
新しいからか?簡単に緩みました。

ナットを外す

ナットは少し緩めた状態で、
ハンドルを引き抜きます。
※顔面強打を防ぐため。

今回は新車ということもあり、
固着しておらず、サクッと外れました。

外したパーツ

外したパーツを
交換するステアリングに取り付けます。
画像には入っておりませんが、
ステアリングの裏カバーも再利用します。

レザー巻ステアリング

あとは逆の手順で戻せば
完成です\(^o^)/

エアバッグのエラー

SRSエアバッグ故障!

バッテリーを繋ぎ
エンジンをかけてしばらくすると、
アラームとともに警告が表示されました。

警告表示

SRSエアバッグ故障!
カーナビにも警告が!

購入した販売店に電話すると、
バッテリを繋いだまま作業すると
エラーを起こすことがありますが・・・

コンピューターの
リセットを掛ける必要があるかも?

バッテリーを外して作業したし(^-^;

とりあえず、
もう一度ステアリングを外して
作業を見直すと。。。

エアバッグのコネクタの
黄色の留めピンが少し浮いていたので、
ポチっと押して元に戻すとエラーは消えました。

ステアリング交換終了

カッコいい~~~
ステリングを交換するだけで
テンション上がりますね。

【今回使用した交換パーツ】
REIZ(レイズ)コンビステアリング ガングリップ仕様
ピアノブラック×ホワイトステッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA