佐助屋(釣り堀) | 仕掛けだけ持って真鯛釣り

佐助屋

1月2日は真鯛狙いで釣り堀に行ってきました。
夜の宴会用の真鯛を用意するというノルマを背負って!

場所は三重県南伊勢町迫間浦で
大きなメガフロートが浮かぶ佐助屋さんです。

津市から1時間半かな?
8時半に家を出て、10時半ごろ到着。

途中、松阪市小船江の餌昭で釣り餌を買い、
コンビニに寄ったりで2時間ほど掛かりました。

佐助屋の桟橋

駐車場から直ぐのところに
掛かっている桟橋の上で釣りました。

ちなみに人工プールではなく、
自然の海を網で仕切った海上釣り堀です。

桟橋より沖側(メガフロート側)が
釣り放題1万円コース。
※時間制限はあります。

メガフロート側

桟橋より岸側(浅瀬)が
3時間5000円コースで、
一人4匹までの制限ありとなっています。

3人で行ったのですが、
3人×4匹=12匹もいらないし・・・

釣り堀に適した竿を持っていないので、
今回は貸し竿を2本を借りてました。
※竿1本1500円必要です。

岸側

餌は初め青イソメを使用していたのですが、
全然食わず・・・船頭さんに練り餌がイイよ!
と言われ黄色の練り餌団子に替え仕掛けを投入すると
ウキがスゥ~っと消し込み50㎝程の真鯛が釣れました。

その後もポツポツと釣れ、
イイ感じで楽しませてくれます。

貸し竿を使う場合、
仕掛けは持参する。

仕掛けですが・・・
貸し竿の仕掛けは使い古しで
ハリスもボロボロでウキ止めも異様に大きなゴムだったりで、
糸の出が悪く釣りにならないので、
自前のハリスと針とウキ止め糸で仕掛けを作り直しました。
ウキはそのまま使えます。

これだけでそれらしい釣りになります。

水深は浅瀬は底が見えるくらい浅く、
一番深い桟橋の真下で6~7メートルほどです。

桟橋中央の真下がよく釣れます。

竿を持参される方は予め仕掛けを作っておくと早いですよ!
5000円コースは3時間のタイムリミットがあるので(^-^;

真鯛

釣り堀の真鯛もキレイです。
一昔前だと真っ黒でヒレがボロボロだったりしましたが、
養殖も進化しているのですね。

刺身

お刺身、お鍋、煮つけ、塩焼き、酒蒸し、鯛茶漬けなどなど・・・

味も養殖独特の臭みもなく、
本当に美味しく頂くことができました。

釣り堀をどこか馬鹿にしていましたが、
たまには桟橋の上でのんびり竿を垂れるのもいいもんですね。
嵌ってしまうかもしれません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です