スイフトRS | サイドブレーキブーツ合皮と本革を比較してみた

スイフトRS

津ミルクネットの向江です。
今日はスズキスイフトRSに
サイドブレーキカバーセットを取付けました。

型式はDBA-ZC83Sです。

サイドブレーキブーツを
合皮と本革で悩まれていたので、
この機会に取付け比較してみました。

グリップをひっくり返す

取付け方は以前にも紹介したと思いますが、
おさらいを兼ねて・・・

初めにグリップカバーをひっくり返し
ボタン穴の位置を合わせ元に戻します。

サイドブレーキブーツを取付ける

次にサイドブレーキブーツの口に
グリップをくぐらせ適度な位置まで入れます。

取付完了

ブーツの裾をコンソールの
隙間に入れ込めば取付け完了です。

コンソール後部下の左右にあるピンを外し、
コンソールを浮かせ隙間を作ると容易に取付けられます。

合皮製サイドブレーキブーツ

こちらは合皮製サイドブレーキブーツです。

本革製サイドブレーキブーツ

こちらは本革製サイドブレーキブーツです。
※グリップカバーはどちらも本革です。

大きな違いは・・・
手触りとシボかな?

画像ではその差も分かりづらいかも?

手触りは本革はしっとりしてる感じで、
見た目もシボ(シワ)の入り方が一律ではなく
それぞれに個体差があり、それぞれに趣を感じるのが本革の特徴です。

あと本革=高級のイメージからか、
満足度も大きな違いかもしれません。

ちなみに私は合皮製を使用しております(笑)

【適合性について】
スイフトRSハイブリッド車にも取付可能です。
※同じボディモデルなら可能です。

スイフトスポーツ用サイドブレーキカバーセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA